花粉症の回避と抗原の除去

花粉症と食事には、深い関わりがあると言われています。
食事が花粉症と深い関わりがあるということは、当然食材や料理も関わりが深いです。
科学的に証明されたことではないですが、食事に気を配ることで花粉症の症状が緩和した方が多いのは事実なので、研究機関が日々関係性を調査しているようです。
研究機関が動き出しているように、花粉症と食の関係は全く根拠が無いわけではありません。
中国においては、古くから食べ物と病気には、深い関係があると言われているように、食との関係はまんざらでもないのです。
ただし、花粉症に効果的と言われる食材ばかりを口にしていても逆効果です。
食事により、花粉症の対策を行うためには、栄養のバランスが整った食生活を送りつつ、効果的な食材を口にするようにしてください。
栄養が偏っている食事では、上手に代謝されないので、白血球の動きにも悪影響が及びます。
そして、食品添加物がたくさん含まれている食材や、肉料理がメインとなっている現状も、花粉症の患者が増えている理由と言われています。
最も効果的と言われているのが、ポリフェノールです。
ポリフェノールというのは、植物であればほぼ全てに含まれており、光合成により苦味や色素が現れます。
とても種類が豊富で、およそ5千種類も存在しているとされています。
このように、種類が豊富なので、それぞれ異なる効能を持ち合わせていますが、全てに共通していることは、強い抗酸化作用を有しているということです。
抗酸化作用により、花粉が体内に侵入してきても、花粉に負けることなく、鼻水や鼻づまりなどの症状が起こりにくくなるのです。
つまり、花粉症を食で対処するためには、和食を口にするということになります。

トップページへ